アフターピルはどんなときに飲むものか

日本では年間20万件以上も中絶手術を受ける女性がいて、女性の約15%は一度は中絶の経験があると言われています。それだけ多くの人が中絶を行っている背景には、アフターピルのことを知らない女性が多いという理由があります。徐々に浸透してきてはいますが、女性の3人に1人しかアフターピルのことを知らないというデータもあります。ピルと言えば避妊のために毎日飲むことで効果を発揮する経口避妊薬ですが、アフターピルは避妊のために飲むピルよりも多くの女性ホルモンが配合されています。その働きによって女性ホルモンのバランスを妊娠しにくい状態にすることで妊娠を避けるための緊急避妊薬です。アフターピルは望まない性交渉を行ってしまったり、コンドームが外れたり破れたりして妊娠する可能性がある場合に飲むものです。中絶薬ではなくあくまで妊娠を防ぐ薬のため排卵のタイミングやアフターピルを飲んだタイミングによっては妊娠してしまう確率もあるのですが、避妊に失敗してそのままにしておくよりも確実に妊娠する確率を下げてくれるものです。避妊に失敗してから72時間以内の服用で妊娠を防ぐ効果はありますが、時間が経過するごとに妊娠する確率は上がってしまいます。避妊に失敗したらなるべく早く服用することが重要です。中絶は女性の身体にも費用的にも大きな負担がかかるものですが、アフターピルは約10000円という費用で薬を飲むだけで妊娠することを下げることが出来る薬です。女性ホルモンの分泌量を乱すため女性の身体に負担がかかってしまいますが、中絶よりも身体に与える負担は小さくなります。万が一のための選択肢として、アフターピルを飲むという選択肢を覚えておくようにしましょう。

アフターピルが望まない妊娠を防ぐ理由

アフターピルは、コンドームが破れたり外れたり、合意ではない性交渉で妊娠してしまうのを防ぐための緊急避妊薬です。その性交渉の後にアフターピルを服用することで女性ホルモンのバランスを崩し、妊娠しないようにするのです。妊娠は卵子と精子が受精し、子宮内膜に着床することで成立します。アフターピルには中用量の女性ホルモンが配合されているため、服用すると血液中の女性ホルモンのバランスを変化させます。排卵や生理はすべてこの女性ホルモンの血中濃度によって引き起こされるのですが、アフターピルには排卵前ならば排卵をストップさせ、子宮内の粘膜の粘度をあげることで精子と卵子が受精しないようにし、万が一受精してしまっていても子宮内膜に着床しないように子宮内膜を剥がして生理を引き起こすという作用を引き起こすだけの濃度の女性ホルモンが配合されているのです。アフターピルはあくまでも妊娠をしないようにするための薬で、中絶薬ではありません。そのため、アフターピルを飲むタイミングによってはすでに着床してしまっていて妊娠してしまうこともあるため、100%完璧な避妊方法だとは言えないのが実情です。しかし、避妊に失敗してそのまま放置しておくよりも、妊娠してしまう確率を低下させる効果があります。避妊率はアフターピルを飲むタイミングによっても大きく違い、72時間以内に服用すれば避妊効果があるとされていますが、避妊に失敗してから早く飲めば飲むほど避妊の確率は上がるというデータが発表されています。また、排卵日付近は妊娠してしまう確率が上がるため、避妊に失敗したらなるべく早くアフターピルを服用するようにしましょう。日本では産婦人科の全てで処方されているわけではないため、事前に処方してもらえるかの確認を行ってから病院に行くようにしましょう。

アフターピルの結果成功率

避妊用に毎日低用量ピルを飲んでいるという人も多いですが、それでもやはり避妊に失敗してしまうこともあります。ピルを飲んでいないときに限って避妊具をつけていないということもありますし、性被害にあってしまう可能性もあります。さらに毎日ピルを飲んでいたのに、その日に限って飲み忘れてしまうということもあります。こうしたことになると、女性は妊娠の可能性がありますので不安な日々を過ごすこととなってしまいますが、避妊に失敗した場合にも対策はありますので、取り入れてみてはいかがでしょうか。避妊に失敗してしまった場合は早めにアフターピルを飲むことがおすすめです。アフターピルは毎日飲む低用量ピルとは違い、性行為後に飲むことで妊娠を防ぐ薬です。その効果は100パーセントまでとは言えないものの正しく使えばかなり高い確率で妊娠を防ぐことができます。そしてこうした薬は72時間以内の飲むこと、早く飲めばそれだけ妊娠を防ぐ効果が高まりますので、できるだけ早く医療機関に行き、処方してもらいましょう。アフターピルを飲むと早い人では数日で出血があり、妊娠を回避できたことを確認することができます。長く生理がこないという場合は市販の検査薬などで確認することがおすすめです。女性ホルモン剤ですので、大量の飲むと副作用のリスクも高まりますので、多めの飲んだりせず正しい量を守りましょう。こうした薬を効果的に使うためには、タイミングも大切ですので、服用時間もきちんと守りましょう。
ヤッペ法では中用量ピルを2錠のみ、12時間後にもう一度2錠飲みます。そしてノルレボでは72時間以内に2錠飲みますが、こちらはヤッペ法よりもさらに副作用が少なく避妊の確率が高いとされています。

ページの先頭へ戻る